コロナ慣れしてませんか?今すぐチェック!美容室でできる新型コロナウィルス対策(2021年5月3日版)|G SELECT Press(ジーセレクトプレス)

MENUclose

キーワードから探す
閉じる
メーカーから探す
閉じる

2021.05.03

コロナ慣れしてませんか?今すぐチェック!美容室でできる新型コロナウィルス対策(2021年5月3日版)

今すぐチェックコロナ対策

第4波が到来し、医療体制がひっ迫している今日。
一方で日常生活レベルでは3回目の緊急事態宣言を受けても、1回目のころと比べ緊張感に欠ける印象がありませんか?

仮にスタッフやお客様で新型コロナウィルスを発症した場合、美容室での接点はまちがいなく「濃厚接触者」としてみなされることでしょう。
ウイルス感染の危険を常に意識した安心安全なサロン環境の徹底が今改めて求められています。

「コロナ対策しているつもりの気のゆるみ」では済まされない事態を防ぐ意味でも、あらためて今できるコロナ対策を見直してみてはいかがでしょうか?

次の一手

よろしければ、コチラもご覧ください



お客様への対応

お客様への予防
・マスク着用での施術
・施術時用の新しいマスクの配布(不織布マスク推奨)
・受付前に、手指&スマホのアルコール消毒
・体調の確認(予約時や来店時、体調不良の方は別日変更のお願い)
・セット面の間にパーテーションやカーテンの設置、個室化
・小まめな換気
・共用部(セットイス、シャンプー台、受付、ドアノブなど)の小まめな消毒清掃
・空間除菌機器、空気清浄機、加湿器の設置、増設
・出来るだけお客様と対面では話さない(会話は控え目、シャンプー時は話さない)
使い捨てクロス(ワンタイムクロス)の使用
・セット面での会計、トレー使用やキャッシュレス推進




サロン様・スタッフ様の対応

スタッフの予防
・感染予防対策の再発信(POPの作り替えやWEBでの再告知)
・施術人数の制限、セット面の間隔をあける
・小まめな手洗い、うがい
・毎朝の体温チェック
・マスクやフェイスシールド、空間除菌アイテムの着用(ウレタンマスクの禁止)
・殺菌灯等によるシザーやコーム等の除菌
・休憩、食事は一人で取る(複数の場合は、距離を保つ)
・家族や近しい人に感染者、濃厚接触者が出た場合、すぐに会社に報告する
・体調不良時のガイドラインの共有(スタッフがコロナ感染した時のシミュレーション)
・個別面談・ミーティング・勉強会・式典は、オンラインで実施もしくは延期、中止
・やむを得ずリアルで勉強会等を実施する場合、距離・換気・マスク必着で行う
・支店間移動を出来るだけしない
・営業時間の変更や短縮(時差出勤、体調管理への配慮)
・出勤人数の制限(有給休暇取得の促進、雇用調整助成金の活用)
・社内外を問わず、複数名での外食自粛



正しい除菌作業でクラスターを絶対出さない!

今取り組んでいる除菌作業、そのやり方で本当に除菌ができているのでしょうか?
やり方次第では除菌しているつもりでも、手指に付着したウィルスを逆に広げている可能性もあるようです。
今回は花王さんとコラボで美容室における正しい除菌方法を動画にまとめていますので是非チェックしてみてください



ホームページやSNSでの対策訴求ツール

対策POP 上記のような対策をホームページや集客サイト、SNSでしっかりと訴求することも大切です。
お客様は今、ウィルス対策が万全なサロンをさがしていらっしゃいます。
そこで、すぐ使える無料POPをご用意しましたので、よろしければご利用ください。

ダウンロードはこちら>>



あわせてこちらもご確認を

全日本美容業生活衛生同業組合連合会が発表している『美容業における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン(2020/12/25改訂)』です。
こちらも確認し感染拡大要望の取り組みを徹底しましょう。

ダウンロードはこちら>>





安心安全が美容室の絶対的な価値基準に!

今感染症対策につよい意識を向けられています。
サロン様の規模や地域性などで、ウイルス対策への意識違いがあるかもしれませんが、いまや「安心安全」がサロンの大きな価値の一つといっても過言ではありません。
みなさまのサロンでも改めて対策を徹底しましょう!

Author:NEWS