キーワードから探す
閉じる
メーカーから探す
閉じる

2021.01.15

改めて見直そう!美容室が出来る【新型コロナウィルス対策】2021/1/15版

20211月現在、日本列島は新型コロナウィルスの第3波の到来により各地で再び緊急事態宣言が発令されています。
幸い美容業は生活に必要なサービスとして認められていますが、一般消費者の意識としては以下のように美容室に対する不安感があります。(株式会社アシスト調べ 20209月)

 

①外出時にコロナウィルスに対して不安を感じますか?

②日常利用に関して不安を感じる業種はありますか?
  1位 飲食関連店舗・・・89
  2位 美容室、ネイルなど・・52
  3位 医者、クリニック・・40

 

これまで以上にウィルス感染の危険を常に意識した安心安全なサロン環境の徹底が必要となっています。
もちろん現場では皆さん細心の注意を払って取り組んでいらっしゃいますが、さらにその取り組みを「見える化」して発信することが大切です。

これからご紹介する取り組みで、美容室を「不安を感じる場所」から「安心して行ける場所」に変えていきましょう!


新型コロナ「見える」取り組み事例

お客様に安心していただくためには、対策内容が実際に「見える形」で行われていることが重要です。
ホームページやSNSで自店の安全対策を告知し、さらに来店されたお客様には、店内POPをはじめ検温や手指消毒作業の徹底、さらに空気清浄機等や消毒器、使い捨てクロスなどのツールによる見える化の促進。

 

高機能空気清浄機で対策

dyson空気清浄機

ヘアサロン様の業務利用に卸価格にて販売が可能です。
ガモウ関西の担当営業が訪問しているサロン様に限ります。

 

お問い合わせはコチラ>>

 

使い捨てカットクロスで清潔訴求

衛生に配慮した使い捨てクロス。環境にもやさしい紙素材です。

 

ご購入はコチラ>>

 

手を触れない消毒液ディスペンサー

センサーで消毒液を噴射してくれるディスペンサーや、足踏み式のディスペンサーなどが各メーカーより販売されています。

手頃価格のアイテムも多く、入店時の除菌意識をさりげなく高められる効果が期待できます。

 

AMAZONで探す>>

 

施術中のマスク無償提供

サロン滞在中もマスク着用を徹底する意味で、施術中の専用マスク、もしくはお帰りの際に交換していただくマスクの配布をお勧めします。
シャンプー時の水濡れやカット時の髪の付着などを気にせずに施術ができます。
ご使用中のマスクを保管するためのマスクケースをご用意するとよりおもてなしの気持ちが伝わるのではないでしょうか?


ホームページやSNSでの対策訴求ツール

以上のような対策をホームページや集客サイト、SNSでしっかりと訴求することも大切です。
お客様は今、ウィルス対策が万全なサロンをさがしていらっしゃいます。
パワーポイントで簡単に作れる無料ツールをご用意しましたので、よろしければご利用ください。

 

ダウンロードはこちら>>


正しい除菌作業でクラスターを絶対出さない!

除菌作業についてはすでに対策はされていると思いますが、そのやり方で本当に除菌ができているのでしょうか?
やり方次第では除菌しているつもりでも、手指に付着したウィルスを逆に広げている可能性もあるようです。
今回は花王さんとコラボで美容室における正しい除菌方法を動画にまとめていますので是非チェックしてみてください。

 


用途にあわせて様々な除菌グッズもご用意しています。こちらもぜひご確認ください。

 

消毒液をチェックする>>


安心安全が美容室の価値基準のひとつに!

緊急事態宣言下でも、生活に必要な場としてヘアサロンが国から認められたのは、これまでの美容業界全体の衛生管理品質に一定の評価があったからではないでしょうか?

今後も社会全体が、感染症対策につよい意識を向けられると思います。
サロンの規模や地域性などで、ウイルス対策への意識違いがあるかもしれませんが、いまや「安心安全」がサロンの大きな価値の一つといっても過言ではありません。
みなさまのサロンでもできることから対策を進めてみてはいかがでしょうか?

Author:NEWS